岐阜の歯医者さん「赤塚歯科医院」 目立たない取り外しのできる矯正装置のマウスピース矯正。少ない痛みで、歯並び・咬み合せを整えます。

岐阜の歯医者さん「赤塚歯科医院」 岐阜県庁の近くの歯科医院「赤塚歯科医院」 お気軽にお問い合わせください
「赤塚歯科医院」アクセスマップ 「赤塚歯科医院」ネット相談 「赤塚歯科医院」ネット予約

医院案内
診療案内
設備案内
院長紹介
アクセスマップ
ネット相談
ネット予約
TOPページへ戻る

大人の歯を守る予防歯科 8020 Club

子どもの歯を守る スマイルクラブ

QRコードを読み取り携帯サイトをご覧ください。
赤塚歯科医院/携帯サイト

矯正歯科

マウスピース矯正だから見えない・痛くない・取り外し自由 仕事中は取り外すなど、ライフスタイルに合わせて矯正ができる
アメリカ生まれのマウスピース矯正システム

矯正用マウスピース

マウスピース矯正は今までの矯正治療とは異なりワイヤーによる矯正装置を使用しません。大がかりな矯正装置の代わりに透明のマウスピースを用いておこなう矯正治療システムです。


透明のマウスピースによる矯正は自由度が高く、日常生活が普通におこなえることから、今もっとも注目されている矯正治療です。



マウスピース矯正とは?

一般的な矯正装置はワイヤーによる張力で強い力を個々の歯に加えて歯列を矯正する方法です。この方法だと痛みや不快感があったり、取り外すことができないなどの問題があります。


マウスピース

マウスピース矯正はマウスピースと歯の摩擦力によって歯列を矯正する方法です。

入念な検査と治療計画に基づいて矯正箇所を微細に変えたマウスピースを複数製作し、一定期間ごとにマウスピースを変更しながら理想の歯並びかみ合わせにしていきます。


マウスピース矯正の特徴
見えない 透明なマウスピースのため装着してもほとんど目立ちません。
ワイヤーなどを使用したブラケット矯正との大きな違いです。
取り外しできる 仕事でのお客様との打ち合わせの時など簡単に取り外すことができます。
マウスピースをはずして今まで通りの食事ができます。
今まで通りの歯磨きができます。
一般的な矯正装置は取り外しできないので、歯磨きがしにくく虫歯になりやすいといった問題があります。
痛くない 一回あたりの歯の移動量が小さく、大きな圧迫感がありません。
子どもから大人まで マウスピース矯正は乳歯と永久歯が混在している混合歯列期の子どもの矯正ができます。
目立たない・痛くないとお子様にも好評の矯正治療です。
治療期間が短い マウスピース矯正は約1~2年と短期間の矯正治療です。
体にやさしい 金属を一切使用しないマウスピース矯正には金属アレルギーの心配がありません。

マウスピース矯正のシステム

マウスピース矯正のシステムはパラパラ漫画に似ています。パラパラ漫画は始まりの絵と終わりの絵があり、その間の絵を微妙に変えて動いているように見えます。


マウスピース矯正は、その状況々々に合ったマウスピースを装着して動かしたい歯に小さい摩擦力を加えて少しずつ移動し、理想の歯並びに近づけていく治療です。


マウスピースは基本的に1週間に1度交換します。治療計画や状態により期間は前後します。ひとつのマウスピースでの移動距離は平均0.15ミリ程度です。


例えば歯1本を1ミリ動かしたい場合、マウスピース1個で0.15ミリの移動ですから6~7個のマウスピースが必要となり、治療期間は1ヵ月半~2ヵ月ということになります。

実際には複合的に歯を動かして歯並びを整えるためマウスピースの個数、治療期間とも多くなります。


マウスピース矯正の症例

マウスピース矯正の症例をご紹介します。


成人矯正

次の2症例は水平移動が主となる一般的な矯正治療です。

治療期間はどちらも2年前後になります。


成人矯正 術前
成人矯正 術後
成人矯正 術前
成人矯正 術後
小児育成矯正

小児矯正では、成長に応じて変化する顔貌や歯並び・噛み合わせに応じて将来的な予測のもと永久歯の歯並びを整えていきます。女の子の場合は15・16歳まで、男の子の場合は17・18歳ぐらいまで成長に合わせて治療を継続します。


年少期における矯正治療は成長を利用するため、マウスピースも夜間の装着だけでおこなえることが多く、比較的楽に治療を進めることができます。


次の症例では、歯列の修正と咬合高径(上下の顎の長さ)の治療を同時に進行中です。


小児育成矯正 術前
小児育成矯正 術後

Q&A マウスピース矯正の疑問
Q:装着時の痛みはありますか?
A
個人差はありますが、痛みはあ りません。
痛みと言うよりも少し圧迫されている感じがあります。

Q:一日何時間ぐらい装着すればいいのですか?
A
少なくとも15時間から20時間ぐらいは必要です。

Q:仕事の関係上あまり装着できない場合はどうすれば良いのですか?
A
一日の内、少し時間が空いている時に、装着して頂ければ結構です。
朝の通勤時間の間や、昼食後の休憩時間など、少しの間10分間でも結構ですので装着して頂ければ結構です。

Q:治療期間は?
A
抜歯の選択やスリット(歯の隙間を作る方法)の選択など個人差はありますが、平均治療期間 約1年~2年程です。

Q:費用はどれくらいになりますか?
A
上記の方法によって期間が決まります。患者様の希望などもお聞き致しますので、平均の金額は45万円~85万円位になります。

Q:マウスピースを装着して会話ができますか?
A
個人差はありますが、少し会話はしにくいかもしれません。その時は、マウスピースを外して頂いて結構です。上下マウスピースを装着している場合はどちらかを外していただければ会話はし易くなります。

Q:マウスピースを装着して食事は出来ますか、
  また食事の制限などはありますか?
A
基本的に食事の時はマウスピースを外して頂きますので食事の制限などはございません。
飲み物の場合は、お水などはそのまま装着したまま飲んで頂けますが、お茶やジュースを飲む場合は外して頂いた方が良いです。

Q:虫歯になりやすくないですか?
A
マウスピースは取り外しができますので普段の生活通り歯ブラシができます。虫歯になりやすくなる事はありません。

Q:マウスピースのお手入れはどうしたら良いのですか?
A
毎日歯を磨くようにマウスピースも歯ブラシの毛先を使って軽く洗って下さい。強く洗うとマウスピースが破損する事があ りますので御注意下さい。また熱湯などでの洗浄はマウスピースが変形しますのでお止めください。ぬるま湯またはお水での洗浄でお願い致します。

Q:薬液などで洗浄しても良いのですか?
A
薬液での洗浄はマウスピースが変形する恐れがありますので、絶対におやめください。

Q:マウスピースが壊れた場合はどうしたら良いのですか?
A
ご連絡をして下さい。早急に対処致します。