岐阜県岐阜市の歯医者さん 赤塚歯科医院です!

岐阜の歯医者さん「赤塚歯科医院」 岐阜県庁の近くの歯科医院「赤塚歯科医院」 お気軽にお問い合わせください
「赤塚歯科医院」アクセスマップ 「赤塚歯科医院」ネット相談 「赤塚歯科医院」ネット予約

医院案内
診療案内
設備案内
院長紹介
アクセスマップ
ネット相談
ネット予約
TOPページへ戻る

大人の歯を守る予防歯科 8020 Club

子どもの歯を守る スマイルクラブ

QRコードを読み取り携帯サイトをご覧ください。
赤塚歯科医院/携帯サイト

小児歯科

虫歯のない歯と健康なお口へ私たちがお母さんをサポートします

赤塚歯科医院の小児歯科は虫歯のない健康な歯とお口を目的とした予防歯科を中心に、お子様がいつまでも健康な歯でいられるよう、お母さん方をトータルにサポートする歯科治療をおこなっています。


お子様にとって歯医者さんは怖いところでしょう・・・

赤塚歯科医院では、このようなお子様でも落ち着いて治療を受けられるよう痛くない無痛歯科治療を心がけております。


虫歯の治療
ご家庭でのケアが健康な歯とお口の第一歩

大人と異なり、子供のお口は歯が生えたり生え変わったりと著しい環境変化があります。それにともない、虫歯のできやすい場所もその時の環境により異なってきます。また、歯が柔らかいので虫歯の進行が早く、あっという間に大きな虫歯になってしまうこともあります。

そのため、お母さんが子供のお口の状況を把握していることは、虫歯から子供の歯を守るためには重要なことです。


このようなことから、お母さんとのコミュニケーションを大切に、虫歯の状況・お口の状況・ご家庭のでのケアなどを丁寧に説明しながら治療していきます。


歯磨き指導と仕上げ磨き指導
歯磨きの習慣化は、幼児期の仕上げ磨きから
子どもに適したブラッシング方法

乳歯に適したブラッシング方法は横みがきです。歯ブラシを歯面に平行にして少し力を入れて小刻みに動かします。特に歯と歯ぐきの境目や奥の方を念入りにして下さい。歯ブラシは小さめの方がよいでしょう。

むし歯から守るために、年齢に適した歯みがき方法を
乳児期 赤ちゃんの舌には白っぽいカスが時々たまります。
お母さんは水やぬるま湯で濡らした布でカスを拭き取ってください。
生後7~8カ月の時期 生後7~8カ月位になると、赤ちゃんにはもうかわいらしい前歯が生えてきます。やはり歯の汚れは布やガーゼなどで拭き取ってください。
生後1年を過ぎたら この時期くらいから歯ブラシを使いましょう。
お母さんがみがいてあげてください。
3歳を過ぎたら この頃からは自分でみがくようにさせましょう。
しかし子どもはまだまだ歯のみがき方が上手ではありません。お母さんも手伝い、歯みがきをした後はよくチェックしましょう。
5歳を過ぎたら 5歳位になったら、毎食後(朝・昼・晩)「1日3回みがき」をさせましょう。お母さんは、仕上げみがきで、みがき残しがないかよく見てあげてください。
6歳臼歯が生えてくる頃 6歳位になると、強く大きい6歳臼歯が生えてきます。
この6歳臼歯は食べカスもたまりやすくむし歯になりやすいので気をつけてみがくようにしましょう。

シーラントでのむし歯予防
シーラント

虫歯になりやすい歯のミゾを埋めるシーラントは子供の虫歯予防に効果的です。実際、虫歯の数を3分の1に減らしたという報告もあります。

生えて間もない奥歯の永久歯(6歳臼歯)は特にむし歯になりやすいのでこの方法で処置をしてもらうと効果があります。


しかし、シーラントをしたから安心というものではなく、シーラントがきちんと虫歯を予防するために機能しているか? 定期管理が大切です。


フッ素塗布
小さい虫歯はフッ素パワーで治しちゃおう!
フッ化物歯面塗布剤

歯の表面のエナメル質は唾液に含まれる成分により常に修復されています。これを再石灰化といいます。フッ素にはこの再石灰化を促進する働きと、エナメル質の溶出を抑制する働きがあります。


赤塚歯科医院のフッ素塗布は歯科医師または歯科衛生士が高濃度(9000ppm程度)のフッ素を直接歯に塗る方法です。また、レーザー治療器との併用でフッ素を多く取り込ませる方法もあります。

1回のフッ素塗布では効果が薄く、3~4ヵ月毎の定期管理時にフッ素塗布をして虫歯に対する予防効果を高めます。


乳歯が軽いむし歯のときその進行を防ぐ
サホライドを歯に塗る処置

乳歯の軽い虫歯の進行を抑えるため、フッ化ジアンミン銀溶液を歯面に塗る処置をサホライド塗布といいます。サホライドはフッ化ジアンミン銀の溶液のことで、硝酸銀の殺菌作用とフッ素の虫歯抑制作用の両方の効果が期待できます。

銀の沈着によって歯面(むし歯になっている面のみ)は少し黒くなりますが、虫歯の進行を防いでくれます。