岐阜市の歯医者さん 赤塚歯科医院 歯や歯ぐきにやさしく、痛みの少ない無痛的歯科治療! 歯科レーザー治療

岐阜の歯医者さん「赤塚歯科医院」 岐阜県庁の近くの歯科医院「赤塚歯科医院」 お気軽にお問い合わせください
「赤塚歯科医院」アクセスマップ 「赤塚歯科医院」ネット相談 「赤塚歯科医院」ネット予約

医院案内
診療案内
設備案内
院長紹介
アクセスマップ
ネット相談
ネット予約
TOPページへ戻る

大人の歯を守る予防歯科 8020 Club

子どもの歯を守る スマイルクラブ

QRコードを読み取り携帯サイトをご覧ください。
赤塚歯科医院/携帯サイト

歯科レーザー治療

痛くない治療・やさしい治療・歯を守る治療! 最新鋭レーザー治療器によるMI治療

MI治療をご存知ですか?
虫歯の治療のために歯を削ったり、手術による腹部の切開や臓器の部分的な切除などの行為によって、人体にもたらされる変化を侵襲(Intervention)と言います。

MI(Minimal Intervention)は国際歯科連盟(FDI)が提唱した診療理念で “より少ない侵襲(人体に影響が少ない)で、より効果のある治療を追及しよう” という考え方です。

当院もMIの理念に賛同し、レーザー治療器などを導入し、
“痛くない、歯や歯ぐきを守る、そして体にやさしい治療” を心がけています。


歯科用レーザー治療器「炭酸ガスレーザー」
歯科用レーザー治療器

レーザー光は指向性と拡散せずに直進する性質を持つ一定波長の光線です。
そして、レーザー治療器は組織に照射したレーザー光が吸収され熱エネルギーとなった時に起こる蒸散作用(蒸発熱)を治療に応用した治療機器になります。


レーザー光を照射した部分にのみ作用することから、
安全で痛みの少ないやさしい治療が可能で、MI治療の代表格と言えます。

炭酸ガスレーザー光の影響範囲

当院では炭酸ガスレーザー治療器によるMI治療として、
歯肉の切除・切開、歯肉の炎症緩和、歯肉の黒ずみ除去、口内炎の治療、根管治療、歯周治療などを実施しています。


歯科レーザー治療をご希望の方はお気軽にご相談ください。

炭酸ガスレーザーの特徴

切開や切除などの外科的作用(HLLT)と再生・治癒を促す作用(LLLT)を持ち、
両作用を備えた機器として定評

歯周病菌の温床となる歯周ポケットや神経除去後の根管内などあらゆる部位に
安全に照射できる

レーザー光の熱作用は瞬間的で痛みをほとんど感じないので無麻酔で治療できる

治療する部位の周囲に影響を及ぼさない(周りの組織を破壊しない)

組織浸透性に優れ、疼痛緩和効果(麻酔効果)を得やすい

歯ぐき(軟組織)から歯牙(硬組織)まで適用範囲が広い

また、レーザー光の発信モードや照射モード、フォーカス(焦点照射)やデフォーカス(非焦点照射)などの照射距離を調整することで様々な治療への応用が可能です。
痛くない治療・やさしい治療・歯を守る治療! 最新鋭レーザー治療器によるMI治療

いろいろなレーザー治療

歯を大切にしたい方、痛みの少ない治療をご希望の方にはレーザー治療は魅力的に映るようです。しかし“歯は削れない”など、すべてにおいて万能という治療ではありませんので、適用は診察してからの判断になることをご理解ください。


虫歯予防と治療
虫歯の予防処置

初期虫歯はレーザー光を照射して除菌し、フッ化物を塗布して自然治癒を目指します。また、レーザー光には歯質強化の働きもあり、さらなる予防効果を期待できます。


シーラントの前処置
シーラント

虫歯になりやすい奥歯(臼歯)の溝を樹脂で埋めて予防する子ども向けの処置がシーラントです。
あらかじめレーザー照射によって奥歯の溝を除菌しておくことでシーラントの予防効果を高めることができます。


フッ素塗布

フッ化物を歯面に塗布してレーザー光を照射し、フッ素の予防効果を高めます。

歯周病の治療
歯周病の殺菌・治癒・予防処置

レーザー光の瞬間的な熱作用で歯周病菌の温床である歯周ポケット内を殺菌・消毒し、歯周病の治癒を促します。

歯周ポケットが浅い場合の歯周殺菌療法
知歯歯周炎(親知らずの炎症)の炎症緩和

親知らずの周りは食べかすや細菌が溜まりやすく、炎症(智歯周囲炎)を起こすことがあります。
このような場合もレーザー治療で緩和することができます。

歯周膿瘍(のうよう)の処置

歯周膿瘍は歯周ポケット内で歯周病菌が繁殖して炎症が起こり、化膿して膿が溜まった状態です。
歯肉の切開が得意なレーザー治療器なら小さな痛みで、また健全な周囲の組織をほとんど傷付けずに治療できます。

小帯切除
根管治療

小帯付着異常は小児期に多い口腔内粘膜の付着異常です。
特に上唇中央の上唇小帯が厚かったり短すぎたりするケースが多く見られます。

上唇小帯付着異常は正中離開(前歯の歯と歯の隙間が大きい)や発音・言語障害の要因になることがあるため、経過観察をして、ある程度の年齢になっても改善されない場合は小帯切除を検討します。

根管治療
根管治療

レーザー光の瞬間的な熱作用で神経除去後の根管内の除菌・乾燥をします。その後、かぶせ物や詰め物で密封します。
根管治療は処置後の歯根の炎症などを防ぐためにも丁寧さが要求されます。

知覚過敏
知覚過敏

象牙質の象牙細管はエナメル質と歯髄を繋ぐ細い管で、栄養補給路、歯牙の形成・維持の役目を担っています。
この象牙細管が歯髄に刺激を伝えるようになると “しみるような痛み” を感じるようになります。これが知覚過敏です。
知覚過敏はレーザー照射と抑制剤の併用で痛みの伝達を効果的にブロックすることで改善できます。

歯ぐきの黒ずみ除去(メラニン色素の沈着の改善)
歯肉の黒ずみ除去

なんか歯ぐきが黒っぽい、歯ぐきが黒ずんでいる ・・・

そんなお悩みをレーザー治療器なら比較的簡単に改善することができます。
歯ぐきの黒ずみの主な原因はメラニン色素の沈着です。
黒ずんだ部分にレーザー光を接触照射させてメラニン色素を直接分解することでピンク色の歯ぐきに戻すことができます。

チップ先端を歯ぐきに当てる接触照射のため麻酔が必要になります。
状態によりますが、改善までに1週間~10日程かかります。

口内炎の治療
口内炎の治療

口内炎にレーザー光を照射して粘膜の改善を促します。
接触痛はレーザー照射後すぐになくなります。

潰瘍(かいよう)・びらんの改善

潰瘍とびらんは皮膚または粘膜の一部が欠損した状態ですが、びらんは程度が軽く表層のみに限った状態になります。
例えば口内炎では程度の軽いものをびらん性口内炎、悪化したものを潰瘍性口内炎と呼んだりします。

また、あわない入れ歯を無理やり使っていると(床ずれみたいな)傷ができます。
いわゆる褥瘡性(じょくそうせい)潰瘍。
このような潰瘍やびらんの多くはレーザー光を照射して治癒を促すことで改善することができます。

悪性の潰瘍もあるので、気になる方はお気軽にご相談ください。

顎関節症の治療
顎関節の構造

痛みを感じる部位へのレーザー光のデフォーカス照射で発生する温熱効果によって、筋肉や顎関節に蓄積した老廃物を排除し、血液やリンパ液の循環を高めて新陳代謝の活性化を図ります。

症状が緩和されて顎関節の痛みが治まってくると、口の開閉が楽になってくるのでリハビリにも取り組みやすくなり、顎関節症のさらなる改善を期待できるようになります。

歯肉の切開・切除(外科的処置)

炭酸ガスレーザーは熱エネルギーが高く、歯肉の切開や切除が得意です。
切開と同時に血液が熱凝固(止血作用)されるので、血管が閉じられ出血はほとんどありません。また多くのケースで麻酔を必要とせず、殺菌作用と治癒の早さから衛生的な処置が行え、菌血症のリスクも低いです。

歯肉の切開・切除は半埋伏の親知らずや小帯の切除・整形、歯周治療など多くの歯科治療で必要となります。
この処置を痛みなく、または少ない痛みでできることは患者様にとっても大きなメリットです。また、痛みが予想される治療では表面麻酔なども併用し、できるだけ快適な治療を実践できるよう努めています。

抜歯後の止血・疼痛緩和
抜歯後の出血、痛みで悩む女の子

抜歯は歯科治療の中で最も頻度の高い出血を伴う処置です。健常者の多くは抜歯後の圧迫止血で出血は治まります。しかし抜歯痕の回復は時間がかかるので、数日間の滲むような出血を気にされる方、自然治癒の過程で起こる炎症(疼痛)に悩まされる方もいます。また、抜歯痕の血餅が剥がれることで起こりやすいドライソケットも心配です。

このようなことから、当院では抜歯時の止血効果が高まるレーザー照射を実施しています。
血液凝固、血餅形成の促進、毛細血管の閉塞などの作用を持ち、止血時間の短縮を期待できると共に菌血症のリスク低減にも繋がります。
抜歯に先立ち現病歴なども確認するのでご安心ください。


歯科レーザー治療に関連する画像を集めましたので興味のある方はご覧ください。
Pinterest(ピンタレスト:ピンボード風写真共有サイト)利用者向けです。